ペットの歩き方がおかしい|体型を維持|ペットを飼うにあたって知っておくこと
ペット

体型を維持|ペットを飼うにあたって知っておくこと

ペットの歩き方がおかしい

犬

人間と同じように発症

椎間板ヘルニアといえば坐骨神経痛の原因となる疾病としてよく知られていますが、実はこの病気、人間だけでなく犬も患うことがあります。脊椎動物の背骨は椎骨と呼ばれるブロック状の骨が連なってできており、骨と骨の間は軟骨組織でつながっています。この軟骨部分が椎間板です。椎間板ヘルニアは、この軟骨部分がはみ出してしまい、近くを通る神経を圧迫することで起こります。犬の椎間板ヘルニアは人間と同様、多くは老化現象の1つとして起こります。ただしダックスフンドやペキニーズ、プードルなど一部の短足型の犬種にあっては、若年のうちから発症することもあります。また、激しい運動や肥満などによって背骨に負荷がかかることで引き起こされるケースもあります。椎間板ヘルニアに対しては、程度に応じてさまざまな治療法があります。最近では負担の少ないレーザー治療の普及も進んでおり、人気を呼んでいます。

治療は安静に保つのが基本

椎間板ヘルニアは頸椎から腰椎に至るどの部分にも発生する可能性がありますが、犬の場合は全体のおおよそ85パーセントが背中から腰のあたりで発症します。歩き方が不自然だったり、運動を嫌がるようなそぶりを見せた時はこの椎間板ヘルニアの発症が疑われます。重症化すると後肢が麻痺して引きずり歩きをするようになったり、排尿や排便が困難になったりします。椎間板ヘルニアの治療には保存療法と外科療法の2つがあります。保存療法の場合はケージの中で安静にさせ、運動を控えるようにします。必要に応じて消炎鎮痛剤を使用します。一方、症状が重い場合は外科手術によってヘルニアを摘出します。PLDDと呼ばれる最新の治療では、針の穴ほどのごく小さな傷を作るだけで治療を行うことができます。