ペットとの最期の時は|体型を維持|ペットを飼うにあたって知っておくこと
ペット

体型を維持|ペットを飼うにあたって知っておくこと

ペットとの最期の時は

お墓

別れ

ペットが亡くなった時、専門の火葬場でペット火葬をするサービスがあります。24時間対応しているところも多く、電話するとすぐに送迎車が迎えに来ます。ペットを適切に車まで運んで、数名なら家族も同乗して火葬場まで行きます。ペット火葬後に合同埋葬することを希望する場合、全てを託してそのまま家族は帰宅することができます。また、ペット火葬に立ち会い、骨上げの後に遺骨を引き取り帰宅することもできます。つまり、ペット火葬と埋葬を同じ施設で行うか、ペット火葬のみを一旦依頼しておき、後日埋葬先を決めることもできるということです。葬儀が出来ない場合でも、火葬だけであってもきちんとお経をあげるサービスが備わっていることもあるため、弔いにもなります。

見送る

ペット火葬のほとんどは、そのまま台の上にペットを乗せて火葬するので、ペットの引き取りの時点で、なんらかの箱にペットを寝かせておく必要があります。基本、箱は金属製以外の燃やせる物で、プラスチック製は、燃やしてはならない決まりがある事からも、使用できません。美しい姿のまま火葬するには、できるだけ体に綿等で詰め物をして、冷たいもので体温を下げておく事前の工夫が必要です。これは亡くなってから送迎車が来るまでの間に速やかに行っておくことが望ましいです。また、火葬後に必要となる骨壷に関しても、事前に気に入った適当な大きさの骨壷、あるいは骨壷の代わりになるような陶器があるのであれば、それを持参することで別途骨壷を選ぶ必要がなくなります。